六継 - MUTSUNAGI -


HOME >MUTSUNAGI
 

日本の伝統工芸を手軽に普段の生活の中に。

「組子」は卓越した匠の技で作られる上級な日本の伝統工芸の一つです。それを手軽に普段の生活の中に取り入れ、愉しむことができるようにユニット化したのが「六継」です。
組子ユニットと同じ大きさで、仕上げを様々な表情に加工した木タイルユニットやBOXユニットと組み合わせることで、自分だけのオリジナルのデザインができるようなり、アイデア次第で組合せは無限大に広がります。
それぞれをそのまま壁に取り付けるだけでも素敵なアクセントとなるだけでなく、思うように組み合わせると、さらにオリジナリティあふれる室内装飾を演出することができます。
重ね組して棚に置くだけでも、オリジナリティなインテリアとして愉しむことができます。
 

 
 

組子について

「組子」は飛鳥時代から職人たちが腕を競い合いながら、何代にも渡り現代まで受け継がれてきた木工の伝統技法です。
細く引き割った木に、溝や穴、ホゾ加工を施し、釘を使わずにカンナやノコギリ、ノミなどで調整しながら組み込んでいきます。熟練した組子職人がひとつ一つ丁寧に、正六角形の枠の中に組み付けました。
 
 

設置例

柱の間等に設置する場合は、骨組みに六角形に沿った斜材を用いることで、構造的にも安定させることができるだけでなく、より艶やかな表情となり、魅せる装飾の演出となります。